チアシード 副作用

チアシードのダイエット効果

チアシードのダイエット効果は高く、やり過ぎると痩せすぎてしまうと言われているほどです。

 

チアシードは、時間の経過とともに種がモコモコと膨れてきて、ゼリー化が進みます。

 

ドリンクとして飲むとよく、30分〜1時間以内がおすすめです。

 

ゼリー、プリン等のデザートとして摂取するなら、2時間以上置くとよいと言われています。

 

チアシードは、お腹に入ると中で膨らむので、食事の1時間くらい前に飲んでおくと、食事の量が自然と減ってきます。

 

チアシードは、水分に浸すと種の周りがゼリー状になり、1時間ほど浸すと、膨らんできて、プルプル感が出てきます。

 

ダイエットに使用する時は、40℃以上の熱湯に溶かすと美容成分が壊れてしまうので、水で必ず戻し、40℃以下のものに混ぜて摂取することです。

 

1日の摂取量は10g程度でよく、栄養素が豊富なので、少な目で十分です。

 

チアシード自体は高カロリーなので、摂りすぎるとかえって太ってしまいます。

 

食物繊維やグルコマンナンのほか、たくさんの栄養素が含まれているので、ダイエットと共に、美肌効果も得られます。