チアシード 副作用

チアシードに含まれるオメガ3って?

チアシードに含まれるオメガ3は、非常に健康効果が高いことで知られています。

 

オメガ3というのは、脂肪酸のことで、必須アミノ酸の1つになります。

 

オメガ3というのは、普段の食生活では中々取れない成分なのですが、チアシードには20%以上も含まれていると言われています。

 

チアシードを大さじ1杯摂るだけで、オメガ3の必要摂取量をクリアできるのです。

 

オメガ3は、不飽和脂肪酸の一種で、細胞が正常に機能するよう体に働きかけてくます。

 

また、コレステロールや中性脂肪を下げたり、動脈硬化や高血圧の予防になります。

 

チアシードに含まれるオメガ3が注目されているのは、生活習慣病を防ぐ働きがあるからです。

 

チアシードを毎日の習慣にすることで、オメガ3を体にしっかり取り入れることができるので、病気を予防する意味でもおすすめできます。

 

スプーン1杯で始められる健康習慣として、チアシードを取り入れることの意味は大きいです。

 

チアシードはローフードなので、健康的な食べ物として、推奨できます。

 

栄養素と栄養価が豊富で、低カロリーなので、ダイエット食材としての利用価値も高いです。