チアシード 副作用

一日あたりどれくらい摂取すればいいの?

チアシードは、一日あたりどれくらい摂取すればいいのでしょう。

 

チアシードは、健康的に美しく痩せられると評判になっている食材ですが、適量というものがあります。

 

そのため、一日に摂取すべきチアシードの量には十分に留意しないといけません。

 

チアシードは、スーパーフード呼ばれている食材で、実に豊富な食物繊維と必須脂肪酸、カルシウム、マグネシウムなどが含まれています。

 

豊富な栄養を効率よく吸収するには、一日あたりどれくらい摂取すればいいのかというと、乾燥状態で一日あたり15gと言うのがベストになります。

 

大さじ一杯分で十分なのです。

 

チアシード15gには、食物繊維が実に豊富で、食物繊維が約5g摂れます。

 

これだけでレタス2玉分摂れることになるので、便通改善に大きな効果を発揮します。

 

大さじ一杯のチアシードで一日分の1/3から1/4の食物繊維の摂取量を補えるようになっています。

 

チアシードだけでかなりの食物繊維を摂れることになります。

 

αリノレン酸も豊富に含まれています。

 

αリノレン酸には、コレステロール値の低下や脳の活性化などの効果があり、一日15gのチアシードで一日分のαリノレン酸を摂取できます。