チアシード 副作用

チアシードのおすすめの食べ方は?

チアシードの効果を的確に得るには、おすすめの食べ方があります。

 

チアシードには黒いものと白いものがあります。

 

白いチアシードは、ホワイトチアシードと呼ばれていて、ホワイトチアシードの方が栄養価は高いと言われています。

 

チアシードの食べ方で気をつけないといけないのは、摂取量は大さじ1杯が適量だということです。

 

大さじ一杯で一日に必要な栄養素の半分が摂取できるので、摂りすぎはよくありません。

 

摂取量の基準を超えてしまうと逆効果なので、高い効果を得たいなら、一日の適切な量を守ることです。

 

ブラックチアシードとホワイトチアシードでは、オメガ3と食物繊維の栄養成分がホワイトチアシードの方が高いので、摂取するなら、白さが眩しいホワイトチアシードがおすすめです。

 

ホワイトチアシードの方が、品質、栄養価ともに安定しています。

 

チアシードに含まれているオメガ3は、熱に弱い性質があるので、食べる時は、加熱しないことです。

 

ホワイトチアシードなら、紅茶やコーヒーなどのホットドリンクに入れても良いのですが、ブラックチアシードの場合、温かい飲み物や熱を加える調理をしないよう注意が必要です。