チアシード 副作用

ホワイトチアシードとは何が違うの?

チアシードには、ホワイトチアシードとブラックチアシードがありますが、何が違うのでしょう。

 

白い種子だけのチアシードをホワイトチアシードと呼びますが、従来のチアシードはブラックチアシードになります。

 

白いチアシードと黒いブラックチアシードでは、水を吸ったときの膨張率が違います。

 

ホワイトチアシードの方が、膨張率が高く、食べた時の満足感は高いです。

 

ブラックチアシードの膨張率は8~10倍なのですが、ホワイトチアシードの膨張率は12倍あります。

 

ダイエット中の人は、ホワイトチアシードのほうがより効果を感じやすく、味も違います。

 

ブラックとホワイトでは味が違い、食感が違います。

 

ブラックチアシードは、ごまっぽい食感なのですが、ホワイトチアシードはごまとタピオカの中間くらいの食感で、噛みごたえがあるので空腹感をまぎらわせることができます。

 

栄養面ではそれほど違いはないのですが、ホワイトチアシードの方がタンパク質と食物繊維がやや多めになっています。

 

ホワイトチアシードは、ブラックチアシードと違い、見た目が気にならないので、料理に使いやすいというメリットがあります。